Living in Peace
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
​すべての子どもに、チャンスを。

Copyright (c) Living in Peace ,inc All Rights Reserved.

新たに児童福祉施設「広島新生学園」の建て替え支援を決定!!

November 11, 2017

クラウドファンディングで「児童養護施設」の建て替えを支援

 認定NPO法人Living in Peace(理事長:愼 泰俊、以下「Living in Peace」)は、昨年3月に実施した公募を踏まえ、クラウドファンディング型寄付プログラム「Chance Maker(チャンスメーカー)」を通じて、社会福祉法人広島新生学園(所在地:広島県東広島市西条町田口391番地2、施設長:上栗哲男氏、以下「広島新生学園」)の児童養護施設の建て替え及び児童心理治療施設の新設を新たに支援することを決定しました。

 

広島新生学園施設長の思い

 広島新生学園の「児童養護施設」の建て替え及び「児童心理治療施設」の新設にあたり、建て替えによる効果や期待等について、広島新生学園の施設長・上栗哲男氏より下記のコメントをいただいています。

 「小規模化によって、まず子どもにとっては、4人部屋から2人部屋に変わることで落ち着かない子どもが落ち着き、従来5.5:1の子どもと職員の割合が4:1となるので、子どもに対するケアを厚くすることができるものと期待します。また、職員にとっても子どもと職員の割合が変化することで、負担の軽減が期待できます」

 

 

児童虐待件数の増加

 児童虐待件数は年々増加傾向にあり、平成23年度の相談件数は5.9万件※、平成28年度の虐待相談件数は12.2※万件と、5年で2倍以上増加しています。

 広島新生学園は児童養護施設ですが、受け入れている子どもには虐待による心理治療が必要な子どももいます。そのため、今回の児童養護施設老朽化による建て替えとともに、医師や心理療法士などによる治療を含む総合的なケアを行う児童心理治療施設を新設しています。Living in Peaceは、そのような厳しい状況にいる子どもがよりよい環境の中で生活支援及び心理ケアを受けられるような環境整備のお手伝いをすることを決定いたしました。

 

日本ではじめての"クラウドファンディング"による建て替え支援の第3号です

 Living in Peaceは、児童福祉施設の小規模ユニット化を支援するため、個人から毎月定額を寄付いただくクラウドファンディング型の寄付プログラム「Chance Maker(チャンスメーカー)」を2010年11月に立ち上げました(2017年9月末時点の実績:登録寄付者数650名、9月寄付金124万円、累計6,512万円)。

 「広島新生学園」は、同プログラムによる支援先第3号であり、新施設建築のための借入金2億7,400万円のうちの4,100万円について、2019年から2036年までの17年にわたる支援を予定しています。

 Living in Peaceは、児童福祉施設の小舎化に向けた取り組みを全国に波及させることで、機会の平等を通じた貧困削減に向けて、今後も活動を拡大、前進させていく所存です。

 なお、広島新生学園の建替えの様子はこちらからご覧いただけます。

社会福祉法人広島新生学園

 1945年10月設立。幼児から18歳までの子どもたち80名と職員さんが毎日スポーツを行うユニークな運営を行っている。

職員は原則として住み込みフレックスタイム制を導入しており、より家庭に近い環境を目指すことで職員と児童との良きラポールを形成し、スポーツを通じたチームワークのもとでの養育を行っております。

 

認定NPO法人Living in Peace 

機会の平等の実現を通じた貧困削減を目標に2007年10月に設立。海外ではマイクロファイナンス、国内では教育、なかでも児童養護施設の支援を展開。本業を持つビジネスパーソンによる「完全パートタイムNPO」として活動中。

理事長 慎 泰俊(シン テジュン)

モルガンスタンレーを経て、2014年に五常・アンド・カンパニー株式会社を設立。『働きながら、社会を変える』(英知出版)『ルポ児童相談所』(筑摩書房)など著書多数。

 

※「児童相談所での児童虐待相談対応件数(別添2)」厚生労働省

本件に関する連絡先:Living in Peace こどもプロジェクト 担当:大崎  Email:kodomo@living-in peace.org

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload