Living in Peace
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
​すべての子どもに、チャンスを。

Copyright (c) Living in Peace ,inc All Rights Reserved.

Cycling for Charity 2017にご寄付をいただいた皆様へ 寄付金一部未着のお知らせ

June 9, 2018

 

 

Living in Peace (以下、LIP)は、2017年7-8月に髙橋陽介氏の主催により実施されたファンドレイジングイベント「Cycling for Charity」の寄付先として選定され、イベント期間中に主催者が募集した寄付金の一部をご寄付いただきました。このたび、同イベントが寄付金の振込窓口の1つとして使用したオンラインサービス「Ammado」が、下記事由により運営を停止したため、寄付金のうち同サービスを経由した分が着金していなかったことが判明しましたので、寄付者の皆様にまずは状況をご報告申し上げます。

 

2018年2月2日および16日に、Ammadoの運営母体であるPembroke Dynamic Internet Services Limited社の代理人より、同社が破産申告手続中であり、同社経営責任者のPeter Conlon氏の資産がアイルランドの高等裁判所によって凍結された旨、電子メールにて連絡を受けました。

アイルランドの現地報道によると、Conlon氏は同社の資金を私的に流用した疑いで2017年12月にスイス国内で逮捕され身柄を拘束されており、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、Save the Children UK(SCUK)などを含む約800団体に対し、総額380万ユーロに上る寄付金が未払いの状態にあるとのことです。

 

LIPがAmmadoから受領予定だった寄付金額は980,007円ですが、現時点で該当する金額が振り込まれておりません。現在LIPでは同社代理人に対して当該寄付金の振込請求を申し入れると同時に、UNHCRやSCUKなど他の被害団体に連絡を取り、対応状況の把握に努めております。

 

なお、Cycling for Charityで使用されたもう1つのオンラインサービス「Bennevity」を通じた寄付金および同イベントの指定の銀行口座に直接お振込みいただいた寄付金につきましては、すべて受領しております。また、LIPの通常の定額寄付チャンネルであるChance MakerおよびChance Maker奨学金につきましては、本件の関連はございません。

 

Cycling for Charityは今年度も実施が計画されていますが、今回の事態を踏まえ、現在新たな寄付金の受付窓口の選定を進めております。

 

2月に一報を受けてから事実関係の確認に時間を要したため、ご報告が遅れましたことをお詫びいたします。

寄付者の皆様にはご心配をおかけいたしますが、未払い分の寄付金を受領できるよう引き続き手を尽くしてまいりますので、続報をお待ちいただけますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload